生命保険に、差し押さえはないけれど…

保険に支払うお金

 

生命保険を滞納しても、別に預金などの差し押さえをされるようなことはありません。

 

しかし、保険の効力が止まってしまうので、万が一の際に、保険給付を受けることができなくなります。

 

自営業の方が、けがをした際などに備えて医療保険などに加入していることもあるでしょうが、保険料を支払っていない状況が続いていると、保険金の給付が受けられないことがあります。

 

これでは支払い続けていた甲斐がありません。

 

積立保険を滞納したら……?

 

また、貯金形式の積立保険と呼ばれる生命保険の場合は、もっと深刻になる可能性があります。

 

この手の生命保険は、定期的にお金が積み立てられていることを前提にして保険の計画書が作成されます。

 

積立保険の加入前に生命保険会社の人から計画書を提示され、それに納得して契約を結んでいるはずですが、途中解約の際には随分と不利な条件で払い戻しを受けたりすることになると説明を受けているはずです。

 

積立保険と呼ばれる生命保険の未納が続くと、最悪の場合、保険が強制解約になります。

 

ただ単に保証がなくなるというだけではなく、当初見積もりのメリットが消滅するばかりか、掛け捨ての生命保険としては非常に割高な保険料にもかかわらず、掛け捨ての生命保険を支払っていたのと同じことになってしまうのです。

 

生命保険の滞納に差し押さえはない

 

生命保険は最初に契約という形式をとるため、滞納すると財産の差し押さえがあるのではないかという不安を持つ人もいらっしゃいます。しかし、消費者金融のように実際にお金を借りたわけではありませんから、そのような心配はいりません。

 

しかし、保険会社では生命保険が滞納することで失効することを防ぐために、一定の条件下で契約者に対する貸し付けをしていることがあります。利率は消費者金融よりはるかに低いので、大きな支出があり生命保険の支払が苦しくなった際には、生命保険会社の人に相談してみるといいでしょう。

 

生命保険の滞納は、支払を強制されているわけではないのですが、契約が失効するという大きなデメリットがあります。この点は覚えておいた方が賢明です。